オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

【英検準1級】40代・50代でも英検取得を目指す理由・メリット

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
Uncategorized

 今回の記事では、40代でも英検準1級合格を目指して学習している経験者が、英語学習をする理由、メリットについて解説します。英検準1級合格を目指すことにしたきっかけ毎日の生活の中でどのように取り組んでいるか、取り組んでみて感じたメリットなどをまとめました。これから英検に挑戦してみようかな、何か新しいことをやってみたいな、という方の参考になれば幸いです。

興味のあること・好きなことだから年齢を重ねても「挑戦したい」

 もともと「映画が字幕なしでわかるようになったらいいな」、「洋書が楽しめるといいな」、「ちょっとした英語がとっさにすっと出てきたらいいな」といった憧れを持って映画の字幕音声で英語に触れたり、「多読」に取り組むなどしてかなりここ最近はかなりゆるく英語に触れてきました。ただ、ゆるすぎて、以前TOEIC学習に真剣に取り組んで以降は、ほとんど英語の上達は感じられてはいません。

 こどもが小学生になったこともあり、「英語のスキルを上げることにもう一度取り組んでみたい」という想いから英検準1級合格を目指して英語学習に再度取り組むことにしました。

毎日の生活の中で実践していること

 一部の英語学習者のようにストイックに英語学習は出来ていないのですが、私の場合は「やめないこと」を目標に取り組んでいます。英語力向上という意味では英語学習時間は多ければ多いほど良いことは分かっていますが、・・・現状です。

【毎日の英語学習】
・早めに起きて10分~30分音読
・通勤時にラジオ英語のリスニング(片道20分・往復だと40分)おすすめは「ニュースで学ぶ現代英語」
・家事が終わった後30分~1時間、音読

・週1回WiLLies Englishウィリーズ英語塾のレッスンを受講

将来的に学んだ経験を活かしてライフワークにつなげたい

 英検準1級というと上には上がいますし、さらに英語技能の必要な資格を持っている方はたくさんいることは重々承知ではありますが、これまでの英語学習経験を活かして何かしらの仕事につなげたいと考えています。

 一般的な英語学習環境で、英語力を上げていくのはなかなか難しいことであるということは経験からもよく分かりますし、今も英語力向上という面で言うとかなりゆっくりとしたものです。だけれども、だからこそ、これまでの英語学習経験を活かして何かにつなげたい、という想いがあります。

 これからの時代は長く働く必要があることも想像できますので、どうせ長く働くのであれば好きで取り組んできた経験を活かしたいというという気持ちもあります。

実際に英検準1級取得のために英語学習をして感じるメリット

 これまでゆるく英語に触れてきたことと比べても資格試験を一つの目標にするのは、英語学習自体の取り組みを考えたり、取り組みの成果を測ることが出来るという意味からはメリットを感じています。なんとなく取り組む場合には、「やってもやらなくてもよい」「成果が出ていても出ていなくても時間だけが過ぎてしまう」ということになりがちです。

 せっかく取り組むのであればある程度学習成果を感じられる方法の一つとして英検準1級合格(、または他の級やTOEICであっても)を目指すのはとても有効だと感じます。

英語学習の中心になっているのはオンライン英会話サービス

 英検準1級合格を目指してオンライン英会話サービスのWiLLies Englishウィリーズ英語塾でレッスンを週1回のペースで受講中です。毎回次レッスンでやる内容が事前に提示されますので、次のレッスンまでの約1週間は指定の範囲の音読を集中的に行います。「次のレッスンでテストしてもらえる、チェックしてもらえる」と思えることで、英語学習をメリハリを持って行うことが出来ています。 

 毎回の英会話レッスンでは、上手く英語に出来ないこともありスピーキングの課題をしっかりと感じることができます。

 ちなみに、今週受けたレッスンでは、「小学校の送り迎えを日本の保護者はするのか」ということを聞かれ、「最初の2~3か月はこどもと一緒に登校の途中まで一緒に行くことや、地域によっては集団下校があること、旗振り当番の制度がある」ことを伝えたかったのですが、旗振り当番のことは上手く英語に出来なかったので英語表現をまた確認してみたいと思っています。

【おまけ】「日本の小学校の旗振り当番についての制度」を英語で説明すると

 言えなかった表現についてはチャットAIを活用するのも有効です。

【チャットAIに質問してみた内容】

「小学校の送り迎えを日本の保護者はするのか」という質問に対して「最初の2~3か月はこどもと一緒に登校の途中まで一緒に行くことや、地域によっては集団下校があること、旗振り当番の制度がある」ことを英語で説明するには

In Japan, children who go to public elementary schools usually walk to and from school by themselves1. In Tokyo, it usually takes from 5 minutes to 15 minutes on foot. In some rural areas where the population is small, children may have to spend an hour or more getting to school, on foot in some cases and by bus in others.

During the first 2-3 months, parents may accompany their children to school and walk with them part of the way. In some areas, there is a system of group commuting to school. There is also a system of flag waving duties, where parents take turns watching at the crosswalks to make sure the kids can cross safely.

I hope this helps!

Bingでの回答から引用

 「There is also a system of flag waving duties, where parents take turns watching at the crosswalks to make sure the kids can cross safely.」などの表現がすっと出てくると良いですね。音読、音読です・・

まとめ

 今回の記事では、40代でも英検準1級合格を目指す理由、メリットについてまとめました。目標の設定の仕方はそれぞれですが、なかなか自分自身で英語力が上がったかどうかを測るのは難しいかと思います。英語力向上の目安として英検やTOEICを利用することで英語力を上手く伸ばしていきたいですね。

WiLLies English ウィリーズ英語塾

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・英語力の確実な向上を目指す人におすすめ。音読や口頭英作文を取り入れたトレーニング、反復学習を英語力アップのためのメソッドとして採用しているオンライン英会話サービス[PR]

DMM英会話

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・118ヵ国の講師と話せるスタンダードプラン月8レッスンで7900円/月
・ネイティブ、日本人講師を含む128ヵ国すべての講師と話せるプラスネイティブプランで月8レッスン12980円/月 [PR]

ネイティブ講師とレッスン出来る エイゴックス

・英検準1級二次対策(スピーキング)対応
・ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、カナダetc.)のレッスンが350円~(25分)、フィリピン人講師のレッスンが187円〜(25分)で受講可能。[PR]

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
Uncategorized
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました