オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

やるなら最短で上達したい!英語学習教材の選び方

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
英語学習のコツ
みさと
みさと

英語学習したいんだけど、せっかくやるなら効果の出る方法でやりたいな~

管理人Umi
管理人Umi

1年間でTOEICの点数のびました!(英検は・・しばらく受けてなくて)

英語を始めたい!でもどんな教材を選べばいいか分からない!という方のための記事です。

英語学習には絶対量が必要なことを知る

英語学習には一定の時間がかかるお話

こちらの記事で、英語上達にかかる時間について触れていますが、初心者がある程度英語を習得するのには1000時間程度かかると言われています。管理人の場合は、中学 高校で800時間、その後も1000時間以上学習時間を費やしています。TOEIC860点にまでは到達していますが英語に関してはまだまだ修行中の身です。

その中でも英語力がぐんと伸びた方法がありましたので紹介しますね。

今の自分の英語力を知る

まずは自分の英語力を確認しましょう。わかってるよって方は飛ばしてください。

・英検を活用したレベルチェック方法を紹介します。
・TOEICでも同様に模試をすることである程度の英語力を測ることができます。

レベルチェック2パターン
  1. 過去問を解いてみる
    公式の英検のサイト(https://www.eiken.or.jp/eiken/exam/)では各級、過去1年(3回)分の過去問が公開されています。自分が取りたい級の前後の級を含めて解いてみると難易度が体感できるのでおすすめです。リスニング音源も公開されているので完全に模試として利用することができます。(英検準1級は正答率7割!)
  2. もっと簡単にレベルを予測するなら「英検級 かんたん測定」https://gm.ei-navi.jp/measurement/generalを利用する
    約10分程度で、語彙と文法についてチェックすることができます。簡易的に自分のレベルを知りたい方におすすめです。

目標設定(期間・レベル)

これ、結構重要です。人間、やらなくてよいことはやりません(;^ω^)
なんのために英語をやろうと思っていて、この期間でこのくらいは目指そうという目標を設定することが確実な上達につながります。

個人的な経験からも、「とりあえず英語のふれていよう」というぼんやりした意識で過ごした時期は英語力はほとんど伸びていません。「1年間で1000時間英語学習に費やす」「定期的にTOEIC受けて上達を確認する」などと決めて取り組んだ時期はやはり英語力は試験の結果にも表れました。

みさと
みさと

え~どんな目標にしよう・・

管理人Umi
管理人Umi

全体的な英語力を上げたいなら日常的なテーマを扱ってる英検がおすすめ

資格をうまく活用する

こんな人におすすめ 各資格

外資系企業や、英語を使って仕事をしたいと考えているひと  →  TOEIC

基礎からしっかり取り組みたい人    →  英検

翻訳等に興味がある人         →  英検1級、準1級 そのあと翻訳検定など

資格を活用すると以下の理由で英語上達を効果的に進めることができます。

・資格取得がモチベーションになる
・受験日が決まっていることで学習に集中して取り組むという効果が期待できる
・取り組む内容、学習計画が立てやすい

使用する学習素材

目標を設定し、現在の英語力を把握したら何を使用して学習を進めていくか決めます。

学習素材を選ぶときのポイント

・スクリプト(英文原稿、和訳)、英文音声が利用できる
・全体の8割ぐらいは理解できるもの(レベルに合っているもの)

管理人Umi
管理人Umi

学習の進め方も紹介するよ!

英語力がUPする学習方法①
  • STEP1
    教材の選び方①
    • ・語彙・文法ともに英文を見れば8~9割理解できるものであること
    • ・音声のスクリプト(原稿)があること
英語力がUPする学習方法②
  • STEP2
    英文内容が理解出来ている状態にする
    • ・スクリプト(原稿)の英文を見て分からない箇所について文法や単語を確認して読んだら分かる状態にする
英語力がUPする学習方法③
  • STEP3
    ここから音声活用

    ・読んだら分かるものを聞いた時にどのくらい理解できるか確認して音を聞きながら英語を聞いたとおりに発音する。

英語力がUPする学習方法④
  • STEP4
    音声を聞きながら、リピーティング、シャドウイング

    ・音声を聞きながらリピーティング、シャドウイングを繰り返す

 この方法は自分のレベルや目的に合った教材、素材を使用することで初心者から上級者まで使える方法です。

まとめ

今回は英語学習教材の選び方を紹介しました。特にポイントとなるのは「レベルに合ったもの」を選ぶというところ。私はついついレベルの高いものに手を出してしまうのですが難しいものやレベルに合っていないものだとかえって学習ペースが落ちてしまいます。今回の方法、ぜひ試してみてくださいね。

WiLLies English ウィリーズ英語塾

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・英語力の確実な向上を目指す人におすすめ。音読や口頭英作文を取り入れたトレーニング、反復学習を英語力アップのためのメソッドとして採用しているオンライン英会話サービス[PR]

DMM英会話

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・118ヵ国の講師と話せるスタンダードプラン月8レッスンで7900円/月
・ネイティブ、日本人講師を含む128ヵ国すべての講師と話せるプラスネイティブプランで月8レッスン12980円/月 [PR]

ネイティブ講師とレッスン出来る エイゴックス

・英検準1級二次対策(スピーキング)対応
・ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、カナダetc.)のレッスンが350円~(25分)、フィリピン人講師のレッスンが187円〜(25分)で受講可能。[PR]

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
英語学習のコツ
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました