オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

「英語学習はじめたい」と思ったら 単語学習から始めるのがおすすめ

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
英語学習のコツ
みさと
みさと

英語勉強しようかな~。何から勉強したらいいんだろう?

管理人Umi
管理人Umi

まずは分かる、使える語彙(単語)を増やすのがおすすめだよ

英語学習、学生さんにとっては進学や就職に有利ということで取り組む人も多いですよね。はたまた趣味で楽しむ場合にも英語学習は何からしたら良いのか迷っている方に向けた記事です。

「文章」は「単語」から構成されていますので、単語の理解から始めるのが言語習得の基本です。

まずはコアボキャブラリーの習得を目指そう

みさと
みさと

コアボキャブラリーってなんですか?

管理人Umi
管理人Umi

日常でよく使う単語、語彙のことだよ

めったに使われない語彙よりも、よく使われる語彙から習得していった方が英語力があがりやすいのは当然ですよね。よく使われる語彙や単語から学習、習得していけるよう教科書などでも習得目標の語彙が設定されています。

また、学習指導要領の改訂では小学校から英語が教科として導入されたり、中学・高校での英語授業のオールイングリッシュでの実施など、社会のグローバル化、国際力強化に対応するための方針が示されており、その結果、以下の単語数が学習する単語数として提示されています。

  • 小学校での学習単語 600~700語
  • 中学校での学習単語 1,600~1,800語
  • 高校での学習単語 1,800~2,500語
管理人Umi
管理人Umi

コアボキャブラリーは2000語程度と言われているよ

【参考】

  • 英検5級 300~600語
  • 英検4級 600~1,300語
  • 英検3級 1,250~2,100語
  • 英検準2級 2,600~3,600語
  • 英検2級  3,800~5,100語(高校卒業レベル)
  • 英検準1級 7,500~9,000語(大学中級レベル)
  • 英検1級 10,000~15,000語(大学卒業レベル)
  • 英語ネイティブの語彙数 20,000~35,000語
  • 頻出語彙・コアボキャブラリー 3,000~5,000語
  • 洋書が読みやすくなる語彙数 12,000~15,000語

まずはコアボキャブラリーの習得を目指そう

コアボキャブラリーが習得できたあたりから、英語についても分かるものがどんどん増えて習得、上達が実感できるはずです。

日本語を習得していく過程をみても分かるように、人間は必要なもの、頻出なものから自然と習得していきます。それはその単語と「よく出会う」ということであり、何度も繰り返し目にしたり聞いたりするということなのですね。そういった単語を習得することで英語の理解度も格段に上がっていくことになります。

つまり、日常会話で使用できる単語が基本となり、そこからテーマやジャンル別に単語が増やしていくイメージですね。どんな場面で英語を習得することが必要なのか広げていくと効率的に学習を進めることが出来ますよ。

みさと
みさと

私は海外の人と交流してみたいな

管理人Umi
管理人Umi

このあとは具体的な学習方法について紹介するよ

具体的な学習方法

STEP1

資格試験を目安に学習する

英語資格で有名なのはなんといっても英検です。TOEICも近年人気ですが、想定されるシーンがビジネスの場面なので初心者の方は英検を目安にされることをおすすめします。小学校の学習単語が600~700、英検5級の目安となる語彙が300~600語ということからも分かるように、小学生での英検受験はそこまでハードルの高いものではありません。コツコツと英語に触れる時間を作ることで合格を目指すことができます。

また、英検で扱うテーマは日常生活を中心に身近なトピックを中心に扱っていますので基本的な英語力をつけていくことを目的にした場合には効果的に学習をすすめることができます。

英検は日本で最もメジャーな資格試験で言えますので、対策本も豊富です。単語学習用の本を一冊購入し、音声と一緒に学習を進めていきましょう。

  • 語彙学習用の教材がおすすめ
  • 例文を発音しながら覚えよう
  • 何度もサイクルを回しながら記憶を定着させていこう

アウトプットで効率的な英語学習を

ここで一つ気を付けていただきたいのは、英語のスキルを上げていくときにアウトプットできるように進めてほしいということです。「見てわかる単語」と「自分で発信するなどして使いこなせる英語」には違いがあります。「聞いたらわかるけど口からは出てこない」せっかく英語学習が進んでいるのに「英語が使えない」というのは一番悔しいことです。

  • 見ながら声に出す
  • 暗唱する
  • 音読する
  • 音についてリピーティング、シャドウイングする
  • 英作文にして書いてみる

などアウトプットを意識したトレーニング、英語学習方法を取り入れて学習を進めていくことをおすすめします。

まとめ
  • 英語学習は語彙習得から始めるのがおすすめ
  • 英検、語彙対策用の学習が英語力をあげるためには効果的でおすすめ
  • 繰り返し学習することが最重要
みさと
みさと

英検ってそんな風にも使えるのか~。本屋さんで単語用の本見てみようかな。

英検と聞くと難しく感じるかもしれませんが、自分に合ったレベルから学習をすると教養としても興味深いものも多いのでおすすめですよ。

WiLLies English ウィリーズ英語塾

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・英語力の確実な向上を目指す人におすすめ。音読や口頭英作文を取り入れたトレーニング、反復学習を英語力アップのためのメソッドとして採用しているオンライン英会話サービス[PR]

DMM英会話

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・118ヵ国の講師と話せるスタンダードプラン月8レッスンで7900円/月
・ネイティブ、日本人講師を含む128ヵ国すべての講師と話せるプラスネイティブプランで月8レッスン12980円/月 [PR]

ネイティブ講師とレッスン出来る エイゴックス

・英検準1級二次対策(スピーキング)対応
・ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、カナダetc.)のレッスンが350円~(25分)、フィリピン人講師のレッスンが187円〜(25分)で受講可能。[PR]

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
英語学習のコツ
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました