オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

【ヨガインストラクターの資格】取得費用・期間・更新制度・認定団体を調べてみた

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
コラム

 ヨガ教室の情報やヨガというスポーツが広く認識されてきたと感じていますが、ヨガの資格について興味を持ったことはありませんか?

 この記事では、ヨガ資格の資格にはどんな種類があるのか、取得にかかる費用、期間、ヨガ資格の種類、資格を認定している団体などについてまとめました。

どんどん増えているヨガ人口

 日本のある機関による2017年に発表された調査によると日本のヨガ人口は770万人、毎年ヨガを始める人は100万人のペースで増えているという調査結果が出たそうです。

 私もヨガ教室に通った経験や家でDVDや動画を見ながらヨガを行ってきた経験があり、ヨガには興味を持っていますのでヨガに関する情報には敏感な方だと思っているのですが、産婦人科でマタニティヨガの教室が開催されていたり、高齢者の健康維持のために高齢者向けのシニアヨガ、医療機関でヨガをすすめられるなど健康維持・増進が期待出来たり、ヨガの持つ広い年齢層が取り組むことの出来る特性が広く活用される理由だと考えられます。

ヨガ教室の増加とインストラクターの需要

 上記のような理由からヨガが出来る場の増加に伴ってインストラクターの需要も増えることは想像できることですが、ヨガを教えるために資格は必須ではありません。ただ、正しい知識と指導力の証明となるためインストラクターをするのであればなんらかのヨガ資格があることが望ましいといえそうです。

ヨガのインストラクター資格を取得するにはどうすればいいの?

 さて、ヨガの魅力にはまった方ならさらにヨガの知識を深めたい、指導者の立場に立ってみたいなどヨガのインストラクター資格に興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

 ヨガの資格は多数あります。まずその資格を「認定・管理している団体」があり、資格取得の条件として認定された団体で講座を修了し、資格認定試験に合格することを条件としているところが多いようです。主要なヨガ資格について調べてみました。

①一般財団法人 日本能力開発推進協会 

この団体では以下のインストラクター資格を認定しています。

  • ベビーヨガインストラクター
  • ヨガインストラクター
  • リラックスヨガインストラクター
  • コアヨガインストラクター
  • キッズヨガインストラクター
  • マタニティヨガインストラクター
  • シニアヨガインストラクター

 対象者がはっきり分かれているところがわかりやすくて良いですね。通信講座などで5万円前後で取得できるところもあるようです。こちらの資格は更新制でなないようです。

  • 学習期間 2ヶ月~
  • 資格取得のための講座受講費用 4万円代~
  • 資格試験受験料 5600円

②全米ヨガアライアンス認定資格(RYT)

世界70か国以上で通用する知名度としてはナンバーワンの資格となります。

  • RYT200 200時間のカリキュラムを修了したことが認定される資格
  • RYT500 RYT200の上位資格
  • (その他上位資格あり)

 世界で通用するという点が魅力の資格ですが更新するため継続指導や継続教育が必要となる資格で本格的にインストラクターを目指したい、続けていきたいという方にお勧めの資格となっています。

  • 学習期間 合宿などもあり短期集中であれば 1ヶ月、週2回の受講であれば1年くらいかかる場合もある
  • 認定講座にかかる費用 40万~100万円
  • 更新手続きが必要

まとめ

 今回は、ヨガ資格の資格にはどんな種類があるのか、取得にかかる費用、期間、ヨガ資格の種類、資格を認定している団体などについてまとめました。

 ヨガを楽しむためにもヨガの知識をもっているとより楽しめたり、効果を感じられるのではないかと、今回ヨガ資格について調べてみました。更新制度の有無や取得にかかる費用、期間も様々なことが分かりました。ヨガファンとしては機会があれば挑戦してみたい資格の一つです。

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
コラム
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました