オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

【働き方を選ぼう】業務委託(フリーランス)と会社員で働く違いって?

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
コラム

 やりたいことを職業にしたいと考えたとき、フリーランスという働き方がかっこいいと思ったことはありませんか?実際に個人事業主として働くのと会社員で働くのではどのような違いがあるのかまとめてみました。

会社員は会社に守られている側面がある

 フリーランス(業務委託、個人事業主)として働くということは、一言でいうならば自分がその仕事に対する「責任者」となるということです。

 会社員の場合、会社の指示の元業務を遂行するということになっていますので会社側は基本的にその仕事における全責任を負いますし、適性に雇用をする義務があります。また、労働基準法を守ってその規則を遵守した形で従業員を雇用します。

 一方、フリーランスに関しては自分自身が長となるので労働基準法は適用されません。また、やる仕事がなければ自分でとってくる必要もあります。

 また、会社員である限り、人事異動など様々な経験が出来る可能性が高いですが、フリーランスの場合は自分で請け負う仕事を決めていきますのでなかなか未経験のものにどんどんチャレンジするというのは難しいでしょう。キャリア形成のされ方が異なってきます。

 また、雇用保険や退職金がないので自分でリスク管理も考えていく必要があります。

 確定申告、帳簿整理など税の管理も自分でする必要があります。

・会社員は、労働基準法などで基本的に守られた立場である

・フリーランスは裁量は大きいが、仕事が安定的に得られるかなどの保障はすくない

 ここまで読んで、「フリーランス」大変そうだな。と思われた方も多いかもしれませんがメリットもあります。

フリーランスのメリットは?

  • 会社の指示を受ける必要はないので裁量が増え自分の好きな時間・場所での仕事も可能になりやすい
  • 好きな仕事をメインで行える
  • 専門性を高めていける
  • 人間関係のストレスが少ない

 人間関係のストレスの少なさや裁量が大きいところ、また自分の頑張りしだいでは会社員以上の収入が目指しやすい場合もあります。

会社員のメリットは?

会社員のメリットも整理しておきましょう。

  • ボーナスや退職金
  • 雇用保険制度や退職金制度
  • 失業時、病気・ケガをした際の収入補償
  • 会社が業務を担保してくれる
  • 未経験のことにも挑戦しやすい

まとめ

 自分で責任もって仕事やるから、成果に対して対価がしっかりほしいという方はフリーランスが向いているかもしれませんね!会社員は会社に在籍している人の中でもしっかり仕事している人とそうでない人が・・・しっかり働いている方は評価される人事の仕組みであると良いですね。

会社員として、フリーランスとして、または両方を同時にという働き方も出来るかもしれません。

自分がどういう働き方、キャリア形成、人生を過ごしていきたいか考えて自分らしい働き方を見つけていきたいですね。

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
コラム
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました