オンライン英会話を利用して英検準1級合格を目指す

【英検準1級】独学、時々オンライン英会話利用で最短合格出来るスピーキング対策・方法

※本ページはプロモーションが含まれています。
※本ページはプロモーションが含まれています。
英検準1級ロードマップ

 2024年1月の英検準1級(S-CBT方式)受験に向けて英語学習中です。今回の記事では英検準1級合格のためのスピーキング対策についてまとめました。

 実は、2023年10月に、英検準1級(S‐CBT)を受験して合格には、スコアが11足りずに不合格になっています。S-CBT方式での受験でしたのでスピーキングも受験し、スピーキングの合格スコアは取得することができています。

 これまでのスピーキング対策を通してもっとも有効な学習方法としてまとめました。

英検準1級合格のために抑えておきたいポイント

 英検準1級合格を目指す方であれば当然一次試験対策として「語彙」、「リーディング」、「リスニング」、「ライティング」対策も行っているかと思いますが、この1次対策が順調に進んでいる方であればこれまでの英語学習でインプットしてきた英語の語彙、表現、英文をいかにアウトプット出来るようにしておくか、ということにつきます。

 ですので、コツさえ押さえておけば数回の無料オンラインレッスンの利用や完全に自分1人で行うシミュレーションでも合格することは可能ですし、実際に私も数回のレッスンのみで英検準1級スピーキングの合格点をとることができました。

 さて、それでは英検準1級合格のためのスピーキングのために抑えておきたいコツとは何でしょうか?英検準1級スピーキングパートは、以下のように構成されています。

【英検準1級スピーキングパート構成】

  • 4コマのイラストを見て、1分の準備時間後に、「2分間のナレーション」をする。
  • その後、イラストに関連する質問が1つ
  • トピックに関連した質問が2つ
  • テーマに関連した社会性のあるトピックでの質問が1つ

【英検準1級スピーキングパート対策で意識していたこと】

  • 時間コントロールのため、2分間ナレーションの際には1コマあたり2~3文程度話せばちょうど時間内に収まるなどの時間感覚の練習
  • ナレーションについては「場面・状況説明」「登場人物の感情描写」をする
  • 「イラストの登場人物だったら」という質問が必ずあるので仮定法で回答できるように練習しておく

 上記の、【英検準1級スピーキングパート対策で意識していたこと】で対策をすることで私の場合は合格点を取ることが出来ましたが、練習する際には「オンライン英会話」であっても「自分でのシミュレーション」であっても実際に声に出してみるということは必須でしておいた方が良いです。

オンライン英会話を利用するならWiLLies Englishウィリーズ英語塾がおすすめ

 私の場合は前回の英検受験時には、まだ自分だけで練習する感覚がつかめませんでしたので、数社のオンライン英会話スクールの英検準1級の2次対策というのを利用させてもらいました。

 この数回のレッスンだけでも実際の2次試験を想定した練習が出来るのでとても有意義でした。また、相手がいて話す練習ができるというのはそれだけ「張り合い」も出ますし、気持ちも入りやすかったです。

 私が体験させてもらったのは以下の4社です。

【英検準1級スピーキング対策で利用した無料体験レッスン4社】

  • ウィリーズ英語塾 → 英検1級合格まで継続利用できるメソッドとレッスン価格
  • エイゴックス → 英検準1級を想定したオリジナル教材でネイティブ、日本人講師のレッスンも受講可能
  • ベストティーチャー → 英作文を数回やり取りしてからレッスンを受講するスタイル
  • DMM英会話 → ネイティブ、日本人講師とのレッスンも受講可能

 それぞれのスクールの体験レッスンを合わせて、5レッスンも受けることができました。ちょっとせこい感じもしますが、各社の特徴を知ることも出来、英検準1級スピーキングの試験形式にも慣れることが出来ましたので大変満足しています。ウィリーズ英語塾、エイゴックス、DMM英会話については以下の記事で特徴をまとめていますので興味のある方はご覧ください。

ウィリーズ、エイゴックス、DMM英会話の特徴を比較

基本は「音読」での英語学習

 そんなこんなで前回の受験前には体験レッスンを堪能したわけですが、今回はウィリーズ英語塾に正式に入会してレッスンを受けています。ウィリーズ英語塾でレッスンを受けることにした理由としては、私自身が英語学習の方法として有効だと考えている「音読」や「口頭英作文」をレッスンやカリキュラムの中心としていることと、続けやすい価格設定の2つです。

 また、英検準1級対策に定評のあるテキストにしっかり取り組めるということもあります。現在、実際にレッスンで使用しているテキストは「英検準1級 面接大特訓」です。

英検準1級 面接大特訓 二次試験対策 [ 植田一三 ]価格:1540円
(2023/10/5 22:20時点)
感想(2件)
楽天ブックス

【私の英語学習サイクル】

  • 1日30分の音読(毎日)
  • 1回25分のレッスンで音読内容の定着度、理解度の確認、会話で応用

(音読内容)=次回レッスン内容
①英文(短文)→ 日本語訳を見て英文に出来るように
②スピーキングパートの模擬の解答例の英文の音読
③トピックごとのQ&A解答例の音読

週1回のオンライン英会話レッスンで習熟度の確認

 ウィリーズ英語塾では、次回レッスン内容が事前に共有され宿題として取り組むことが推奨されており、それこそが私がウィリーズ英語塾を利用する理由となっています。

 レッスンだけでは英語力は伸びません。普段のインプットがあってこそのアウトプット練習です。自学自習の英語学習がないまま英会話レッスンを受けても使える英語の表現や語彙は増えませんので英語力は伸びないというわけです。

まとめ

 というわけで、今回の記事では英検準1級に合格するためのスピーキング対策方法についてまとめました。結局のところ1冊教材があって「声を出しながら」計画的に学習・練習を続ければ合格は目指せると考えていますが、レッスンを受けることのメリットは「試験の感覚をつかむ」ことや、「学習を習慣化する」ところにあるように感じています。

 英検準1級は多くの人にとって通過点ではないでしょうか。英検準1級を取得した後はさらに上級の資格を目指すのか、洋書や映画を英語で楽しむのか、仕事に活かすのか、それぞれに道筋があるのだと思いますが、その先も見たときにも無駄にならない学習方法だと思いますのでぜひ参考にしてほしいと思います。

WiLLies English ウィリーズ英語塾

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・英語力の確実な向上を目指す人におすすめ。音読や口頭英作文を取り入れたトレーニング、反復学習を英語力アップのためのメソッドとして採用しているオンライン英会話サービス[PR]

DMM英会話

・英検準1級、一次対策(リーディング)、二次対策(スピーキング)対応
・118ヵ国の講師と話せるスタンダードプラン月8レッスンで7900円/月
・ネイティブ、日本人講師を含む128ヵ国すべての講師と話せるプラスネイティブプランで月8レッスン12980円/月 [PR]

ネイティブ講師とレッスン出来る エイゴックス

・英検準1級二次対策(スピーキング)対応
・ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、カナダetc.)のレッスンが350円~(25分)、フィリピン人講師のレッスンが187円〜(25分)で受講可能。[PR]

この記事を書いた人
管理人Umi

英会話スクール勤務経験者。累計400時間以上の英会話レッスン受講経験あり。成功、失敗を含む実体験から、効果的な英語学習方法の紹介、実践のためにブログ運営をしている。TOEIC860点。英語講師経験あり。

管理人Umiをフォローする
英検準1級ロードマップ
管理人Umiをフォローする
英検準1級を楽しく目指す! 英語学習ラボ
タイトルとURLをコピーしました